工場内のすべての機器をつなげる
マルチデバイスIoT

Orizuru IoTのイメージ

Orizuru IoTに込めた想い

日本の技術を継承させたい

製造業の現場や町工場では、職人の高齢化が深刻な問題となっています。日本の技術を支えてきたベテラン職人の技術が継承されずに、技術力の低下が課題視されています。この問題は中小企業だけに限らず大手企業も抱えており、日本全体の課題であると言えます。ITによるソリューションならば、人が行ってきた作業をシステム化することで作業にかける人を減らし、さらに高い生産性を実現できます。コアコンセプト・テクノロジーは、創業時より多くの製造業のお客様に対してITソリューションを提供してきました。我々が今まで培ってきた製造業向けのITノウハウを生かし、日本が抱える課題解決に微力ながら貢献できるよう日々尽力しております。

Orizuru IoTの概要

工場(製造現場)で使うあらゆるデバイス(機器)をつなげる

Orizuru IoTを導入することで工場内にある様々な設備のIoT化を実現することができます。設備を制御しているCNCやPLC、各種センサーとゲートウェイが通信することでリアルタイムにデータを取得、蓄積していくことが可能です。 Orizuru IoTは、マルチデバイス対応ができる国内唯一のソフトウェアです。多くのお客様が実現したいと考えられている、工場、ライン、設備単体の稼働監視や故障原因の特定も、Orizuru IoTでデータを取得することで可能になります。ゼロベースからIoTシステムの開発をすると大規模投資が必要になります。Orizuru IoTならば短時間で設備との通信を確立させることが可能です。 Orizuru IoTによって工場のスマート化を実現させてください。

Orizuru IoTの概要

Orizuru IoTの特長

様々なデバイスをつなげる

工場内には多種多様な設備やハードウェアがあり、業種によっても使用されている設備が異なります。これら設備管理には複数のシステム導入が必要でした。Orizuru IoTならば大規模システムを導入しなくても各種設備とつなぐことが可能になります。工場にある様々な設備に対してマルチデバイス対応をするために開発されたソリューションになります。貴社にある設備を自在に接続して工場のスマート化にお役立てください。

様々なデバイスをつなげる

すべてのデータを一元管理・見える化

すべてのデータを一元管理・見える化

Orizuru IoTが実現するマルチデバイス対応により、工場内の各種設備をつなげることができ、各種データの取得が可能になります。今までは設備毎に対応していたデータ収集や集計作業もOrizuru IoTによって一元管理が可能となり効率的に対応することが可能になります。取得されたデータもリアルタイムにダッシュボード画面に表示することができ、いつでもどこからでもデータの確認ができます。

イニシャルコストを抑えて導入可能

さまざまなデバイスと通信することはシステム導入、インフラ整備、ハード購入等の大きな初期投資を必要とします。Orizuru IoTならば、さまざまなデバイスと接続できるシステムが構築されているため簡単に設備との通信ができ、大幅に初期投資の削減が可能となります。イニシャルとランニングが明瞭な金額体系となっており、概算のお見積りから大きくずれた金額になることはございません。

イニシャルコストを抑えて導入可能

選べる「Cloud型」「Edge型」

選べる「Cloud型」「Edge型」

Orizuru IoTは環境によって2つのタイプを選択することができます。大容量のデータを自社サーバーで保管するには大容量のサーバーが必要となります。このようなお客様には「Orizuru Gateway-Cloud」がお勧めです。大容量のデータもストレスなくクラウド上のサーバーに保管され、サーバーの容量は使用に応じて変更することが可能です。機密性の高い情報を取り扱っているお客様や工場内でクローズしてデータを取り扱われるお客様には「Orizuru Gateway-Edge」がお勧めです。Orizuru Gateway-Edgeはお客様側でハードの準備を頂いて、Orizuru IoTをインストールして頂ければオンプレミスでの環境構築が可能となります。

Orizuru IoTの機能

各種データのグラフ表示

各種データのグラフ表示

Orizuru IoTを活用することで、工場内から多種多様なデータを取得することが可能です。例えばCNCからは工具の座標位置や負荷量など、設備情報をリアルタイムに取得することができます。お客様が必要とされるデータをリアルタイムにグラフ化して見える化することができます。

ユーザー管理

ユーザー管理

Orizuru IoTはwebや社内ネットワーク上で閲覧することが可能です。工場の稼働を監視したい、データを活用したい、取得するデータを変更したいなどお客様によって使用内容が異なります。そのためユーザー権限を付与することで管理者、閲覧者などの管理が可能になります。

設備ごとの見える化

設備ごとの見える化

Orizuru IoTは接続した各設備の状況を設備ごとに確認することが可能です。稼働監視している工場からアラートが出た場合に、工場内のアラートを出している設備の稼働状況確認が可能です。Orizuru IoTならば工場全体、ライン、設備と全体から詳細までの把握をすることができます。

リアルタイム検知

リアルタイム検知

接続している設備から得られるデータについて通知機能を持たせることが可能です。例えば温度が27℃を上回った場合にダッシュボード画面からアラート通知を受けることも可能です。設備のそばにいなくても工場の稼働状況をリアルタイムに管理することができます。

メール通知

メール通知

製造終了連絡や各種センサーで設定している閾値を超えた場合にメールで通知する機能があります。複数台の設備を最小人数で管理している場合は、終了する前に通知を受けることで段取りが効率的になります。このようにプッシュ機能として活用することが可能となります。

データ保存先選択

データ保存先選択

工場から取得されるデータは時系列データや画像データと多種多様なデータが集められ、データ容量もお客様によって異なります。機密性の高い情報の取り扱い、世界中からアクセス可能な環境の構築などニーズに応じてオンプレミスまたはクラウドの選択が可能です。

稼働実績表示(coming soon)

稼働実績表示

Orizuru IoTによってデータの収集、蓄積をすることで工場全体、ライン、設備の稼働実績の確認が可能となります。無駄なく効率的に稼働しているかを集計作業なしに確認することができます。情報が効率的に得られるため様々なシーンで活用することが可能です。

アラーム履歴(coming soon)

アラーム履歴

設備から発信されるアラートを表示することが可能です。設備自体に設置されているアラート機能と異なり、Orizuru IoTならば遠隔地からもアラート内容の確認が可能です。アラート内容がデータ履歴として残るため、アラート原因の特定などデータ活用に利用することもできます。

Orizuru IoTの活用シーン

工場の稼働管理

工場の稼働状況管理を人の手で行っている、稼働管理の集計に時間がかかっている等の課題を抱えているお客様はOrizuru IoTを導入することで管理コストを大幅に下げられる可能性が高いです。Orizuru IoTならば工場内の各種データを休みなく収集、蓄積することが可能です。取得されたデータを活用して課題解決方法をシステム化することにより効率的な稼働管理を実現することができます。

工場の稼働管理

製造工程のプロセス管理

製造工程のプロセス管理

Orizuru IoTは製造ラインのプロセス管理にも役立てることが可能です。プロセスを管理していくためには設備管理、材料管理、作業管理と様々な要素の管理が必要となります。設備のみを管理していても材料に問題があれば不良は起きます。人が作業内容を誤る可能性も十分に考えられ、このような要素を管理していくためには各種データを取得していく必要があります。マルチデバイス対応のOrizuru IoTならばこのような管理にも対応することが可能です。

取得したデータの活用

センサーやハードウェアの発展により設備からデータを取得することが比較的容易にできるようになりました。取得したデータを何に活用するのか目的を持ってデータ収集、蓄積をする必要があります。データの活用方法は様々で、大量に取得したデータを統計解析して関係するデータを特定してからAIによる解析を行ったり、良品、不良品の教師データから学習器をつくり判定をさせたりするケースもあります。データの活用は、目的を持ってデータの取得から蓄積、活用をしていく必要があります。

取得したデータの活用

Orizuru IoTの導入フロー

1ヒアリング(web or 訪問)

Orizuru IoT導入の第一歩は、お客様にOrizuru IoTを知っていただくことから始まります。お問い合わせを頂いたお客様のもとへ訪問させて頂きます。ご都合が悪いお客様の場合は、web会議、メールや電話にてOrizuru IoTのご紹介をさせて頂きます。まずはお客様それぞれの課題やIoT導入の目的をヒアリングさせて頂きます。

  • 工場、工程で起きている課題深耕
  • スマート化で実現したい内容確認
  • 設備、加工方法の確認

2構成提案

お客様の課題や目的をヒアリングさせていただくことで、Orizuru IoTによるソリューションの提案をさせて頂きます。お客様によって工場の規模、設備内容が異なりますので導入するラインや工場の設備構成を確認させて頂きます。お客様の事をしっかりと理解することで課題や目的がより明確になり、最善のご提案をすることができます。

3ご発注

ご提案内容から工数をお見積りして、内容のご確認を頂いてからご契約の流れとなります。現在のOrizuru IoTでは二つの流れがございます。まずはOrizuru IoTが持つ機能のみで設備からのデータ取得が可能な場合と、現状のOrizuru IoTの機能だけではすべて接続できない場合になります。追加で開発が必要な場合も明確に工数を提示させて頂きます。

4機器設定

Orizuru IoTはパソコンまたはルーターを設置頂くことで動作するソフトウェアになります。お客様で準備頂いたハードウェアを通じてOrizuru IoTを利用することが可能です。設備から取得したデータを保管したいというお客様は別途サーバーが必要になります。サーバーはクラウドでもオンプレミスでも環境構築の対応が可能です。

5画面確認

取得された各種データは様々な形式でアウトプットすることが可能です。そのため個別に管理画面を構築することも可能ですし、様々なBIツールを駆使してお客様独自の画面を構築することもできます。BIツールの初期設定についてもご対応させて頂きます。

Orizuru IoTの導入事例

マルチデバイスでの稼働監視による生産効率向上事例

金属加工と組み立てを行っているメーカー様の事例になります。この企業ではCNCによってコントロールされている金属加工機とPLCで制御されている組み立てライン、さらには各種センサーが設備に設置されており、IoTの取り組みが進められていました。IoTによって部分最適が進み各工程のQCDは飛躍的に向上しました。しかし、工場全体やライン単位で稼働状況等を確認すると大きな効果が得られていない状況でした。部分最適では生産効率を高めるには不十分で全体最適を行う必要がありました。Orizuru IoTを導入頂いたことでCNC、PLC、センサーを一元管理することで全体のデータを一元的に収集、管理することができるようになりました。全体最適を行って見えてきた問題点は、工程間の連携や前、後段取りでした。部分最適を突き詰めていくことは重要であるが、生産効率を高めるためには全体の稼働を監視して最適化を進める必要があり、マルチデバイスに対応したOrizuru IoTが生かされた一つの事例になります。

マルチデバイスでの稼働監視による生産効率向上事例

取得データの活用による不良原因の特定

取得データの活用による不良原因の特定

部品加工を行っている大手メーカー様の事例になります。この企業ではある部材に特殊な加工を行うことで高い付加価値を出しています。この加工には高い精度が求められておりミクロンオーダーの加工が必要になります。そのため設備、工具、材料の管理が徹底して行われておりました。徹底した管理を行っても加工による不良が起こることがあり、原因の特定を定量的に行っていきたいとご相談を頂き、Orizuru IoTの導入を提案しました。Orizuru IoTならば設備の情報や外付けしたセンサーのデータまでマルチデバイスに対応することが可能です。Orizuru IoTを導入した結果、今まで人が感覚的に管理していた部分も各種データの取得により定量化した管理を実現することができました。取得されたデータを用いて統計解析からAIによる解析を行ったところ、詳細の不良原因を特定することが可能となりました。