orizuru

つながる.見える.わかる IoTソリュ-ション

IoTセミナー(製造業向け)で弊社CTO田口が登壇(2017.08.30:福島県ハイテクプラザ)

IoTセミナー(製造業向け)@福島県ハイテクプラザ_セミナーの様子

みなさん、こんにちは。アートディレクターのhayatoです。デザイン業務全般がメインの仕事ですが、最近はSEO対策やwordpressのカスタマイズ、ロゴ制作、そしてセミナーの取材など幅広く行っております。

今回は福島県郡山市の福島ハイテクプラザにて、(公財)福島県産業振興センター主催で弊社CTO田口が製造業向けのIoTセミナーの講師をさせていただきました。セミナーは前後半に分かれ、以下の概要で行いました。

IoT活用セミナー(製造業向け)

開催概要

    開催日
    2017年8月30日
    セミナー内容
    13:30〜15:00:IoTソリューションの効果的な利用法と事例のご紹介
    15:00〜16:00:MAKINO HYPER5との接続によるIoTのデモンストレーション

目次

    1.郡山市ってどんなところ?
    2.IoTソリューションの効果的な利用法と事例のご紹介
    ・IoTって何? : IoTとは何なのか、社会にどんな変化をもたらすものなのか?
    ・製造業を取り巻く現状 : 日本の製造業はどのように変化してきているのか?
    ・既存のITビジネス : 既存のITビジネスはどのように成功してきているか?
    ・IoTの構成 : 代表的なIoTソリューション(とされるもの)の構成はどんなものか?
    ・IoTの利用法 : どのような方法・プロセスでIoTを利用すればよいか?
    ・事例① 工作機械の予兆保全 : 工具の折損予測にIoTはどのように活かせるか?
    ・事例② 製造工程の改善 : 加工工程の見直し、最適化にIoTはどのように活かせるか?
    3.MAKINO HYPER5との接続によるIoTのデモンストレーション
    ・センサーデータの見える化
    4.セミナーのアンケートまとめ

郡山市ってどんなところ?

今回セミナーを行った郡山市は、福島県の中央部(中通り)に位置する人口約33万人、東北地方では仙台市、いわき市に次いで3番目に人口が多い都市です。 また、東北地方第2の経済規模を要する都市圏として繁栄しており、郡山駅は東北新幹線の停車駅でもあります。今回セミナーを行う福島県ハイテクプラザは、郡山駅から車で約25分の西部第二工業団地に位置しています。

郡山駅

IoTセミナー(製造業向け)@福島県ハイテクプラザ_郡山駅前

郡山市ふれあい科学館のプラネタリウム外観

IoTセミナー(製造業向け)@福島県ハイテクプラザ_郡山駅前

郡山駅前

IoTセミナー(製造業向け)@福島県ハイテクプラザ_郡山駅前

IoTソリューションの効果的な利用法と事例のご紹介

今回のセミナーは福島県の中小企業を対象にIoT導入・検討時におけるIoTの基礎と事例についてを紹介しました。参加者は合計27名。そのセミナーの内容を抜粋してご紹介します。

IoTセミナー(製造業向け)@福島県ハイテクプラザ_セミナーの様子

IoTって何?

まずは、「IoTとは何か」についてご存知の方も多いかと思いますが、基本的な部分の説明からスタート。「IoT」という言葉は、元々は2000年前後からM2M(Machine to Machine)と呼ばれる「機械同士のコミュニケーション(通信)で自立して何かを解決する」ということで使われていました。その後センシング技術の向上でセンサーデバイスが安価になり、センサー同士のコミュニケーション(通信)を2010年前後から「Sensor Network」と呼ばれるようになりました。その延長線上で、2014年前後からモノのインターネット「IoT」と呼ぶようになりました。

IoTセミナー(製造業向け)@福島県ハイテクプラザ_セミナーの様子

デバイスを増やしてモノをつないだだけでは意味がないので、集めたデータを活用することが重要です。その一つが「リモートコントロール」で、リモートで設備を制御することです。また、集めたデータを解析してマーケティングや新しいサービスに活用することなどの用途に活用できます。

IoTセミナー(製造業向け)@福島県ハイテクプラザ_セミナーの様子

製造業を取り巻く現状

製造業のGDPは1997年をピークに減少し続けている。

IoTセミナー(製造業向け)@福島県ハイテクプラザ_セミナーの様子

製造業GDPが低迷している原因は、海外現地生産比率と海外現地調達率の上昇による内需の減少、及び国内製造を支える中小企業の減少があります。

IoTセミナー(製造業向け)@福島県ハイテクプラザ_セミナーの様子

これらの現状を踏まえて「製造業として何をしていけば良いか」の答えがIoTです。IoTによってデータ分析や新しいサービスの創出、クオリティの高い製品を作るなど、付加価値をつけていくことがこれから必要になります。

IoTセミナー(製造業向け)@福島県ハイテクプラザ_セミナーの様子

既存のITビジネス

ビジネスとして成功したIT活用例を見ると、営業そのものの最適化と業務のオートメーション化が挙げられます。売り上げを上げていく事例としてWebシステム(ECサイト)の活用、費用削減の事例としては業務効率をあげるための自動化や調達コストを下げるための最適化があります。

IoTセミナー(製造業向け)@福島県ハイテクプラザ_セミナーの様子

IoTで何が変わるのか、その答えはネットワーク参加者全体の最適化が可能になることです。これまでのセールスやマーケティングなどのデータに加え、設備やセンサーなどのデータが入ってくるので、これまで以上に顧客の最適化と自動化が進みます。

IoTセミナー(製造業向け)@福島県ハイテクプラザ_セミナーの様子

IoTの構成

一般化した構成がこちら。社会(人、モノ、環境)からデバイスを通してデータを吸い上げ、ゲートウェイ(gateway)で集約。そのデータをクラウドに上げてAIで解析し、そのデータを出力デバイスを通して元に戻すのがデータの流れです。

IoTセミナー(製造業向け)@福島県ハイテクプラザ_セミナーの様子

IoTの活用方法

展示会を通して聞こえてきたユーザーの声として、「IoTで何かやらないといけない」という声が多かったですが、先に現場の課題を考える必要があります。課題解決に対してどこにIoTを使うかが重要です。

IoTセミナー(製造業向け)@福島県ハイテクプラザ_セミナーの様子

IoTをどこに組み込むかは、責任の重いプロセスに組み込む必要があります。故障・停止を定量的に評価したり、結果と原因の関連度合いを定量化、故障・停止を予測するなどの目的で組み込みます。

IoTセミナー(製造業向け)@福島県ハイテクプラザ_セミナーの様子

事例① 工作機械の予兆保全 

工具折損予測は非常に難しいですが、折損の要因として

  • 工具負荷(除去量)
  • 工具の疲労/磨耗
  • 送り速度
  • 送りの加減速
  • 送り方向
  • 素材の材質
  • 工具の材質
  • 刃の枚数
  • スピンドル回転数
  • 温度
  • 機械の剛性
  • スピンドルの剛性
  • 機械の振動
  • 切粉の状況

などがあります。これらを定量化して情報を取得することからIoT化します。

IoTセミナー(製造業向け)@福島県ハイテクプラザ_セミナーの様子

今回の例は負荷データですが、正常時の波形を分析し、波形の異常度を計測して異常を検出します。

IoTセミナー(製造業向け)@福島県ハイテクプラザ_セミナーの様子

こちらのセッションでは非常に多くのご質問をいただきました。

IoTセミナー(製造業向け)@福島県ハイテクプラザ_セミナーの様子

事例② 製造工程の改善

5軸の工作機械を使った金属加工業者の製造工程。課題としては以下があります。

  • 3次元形状の見積に時間がかかる
  • プログラム作成、工具準備など、先行着手できていない
  • 過去の実績を再利用できていない
  • プログラム作成に時間がかかる

IoTセミナー(製造業向け)@福島県ハイテクプラザ_セミナーの様子

上記の課題に対して行う解決手段は以下の通り。

  • 形状の分類
  • 工程の整備・標準化
  • 自動化

IoTセミナー(製造業向け)@福島県ハイテクプラザ_セミナーの様子

MAKINO HYPER5との接続によるIoTのデモンストレーション

ハイテクプラザ内にある実験棟に移動して、実際の加工機との接続のデモンストレーションを実施。

センサーデータの見える化

デモンストレーションはセールスマネージャーの脇坂が担当。今回は、PLC(コントローラー)の裏側の配線に対してセンサーを設置し、そのボタンが押されたかどうかの信号をキャッチして見える化を行いました。

IoTセミナー(製造業向け)@福島県ハイテクプラザ_セミナーの様子

配線にセンサーを設置。

IoTセミナー(製造業向け)@福島県ハイテクプラザ_セミナーの様子

簡易的な見える化の画面。
基本的にデータが取得できれば、web画面なので、デザインはカスタマイズ可能。

IoTセミナー(製造業向け)@福島県ハイテクプラザ_セミナーの様子

受講者の皆さんは熱心に説明を聞いていました。

IoTセミナー(製造業向け)@福島県ハイテクプラザ_セミナーの様子

実機を見ながらの説明なので、自身の課題に置き換えて考えることができ、質問も多くいただきました。

IoTセミナー(製造業向け)@福島県ハイテクプラザ_セミナーの様子

セミナーのアンケートまとめ

IoTセミナー(製造業向け)@福島県ハイテクプラザ_セミナーの様子

最後に、受講生にアンケートを記入していただきましたので、その結果をご紹介します。

IoTセミナー(製造業向け)@福島県ハイテクプラザ_セミナーの様子
IoTセミナー(製造業向け)@福島県ハイテクプラザ_セミナーの様子
IoTセミナー(製造業向け)@福島県ハイテクプラザ_セミナーの様子

また、以下のようなコメントをいただきました。本当にありがとうございます。

IoTに関する知識などがなく参加させていただきましたが、IoTとはという基本的な部分から説明していただいたので、ある程度は理解することができました。まだIoTを導入するということは難しい部分もありますが、職場内の課題を見つけIoTを活用できる部分というものを見極めたいと思います。

今までIoTについて曖昧な部分が多かったのですが、初歩的な内容からご説明いただき、あまり知識のなかった私でもわかりやすく学ぶことができたセミナー内容でした。後半では、実際に設備をみながら説明していただける所もあり、とても良い経験ができました。本日はありがとうございました。

IoTを使って何かをするのではなく、問題を解決するにあたって、その方法として活用していく考え方が重要だと思いました。また、取り付けるセンサーなどにより得られるデータから何ができるかが増えていくため、必要な情報をどう使うか参考にしていきたいと思います。

社内においてIoTの検討が始まった所で、タイムリーな研修でした。講師の方は、分かりやすい説明を頂きありがとうございました。

最後に

弊社へのセミナー依頼などのご相談は、お問い合わせよりご連絡ください。最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

IoTセミナー(製造業向け)@福島県ハイテクプラザ_セミナーの様子

hayato