orizuru

つながる.見える.わかる IoTソリュ-ション

2017.09.21:理研シンポジウム: 第2回 Linked Open Data (LOD) 活用ワークショップ in 神戸

医療・健康・工学オープンデータサイエンスの実践

 2017年9月21日(木)に兵庫県神戸市の理化学研究所 融合連携イノベーション推進棟(IIB)8階で開催される「第2回 Linked Open Data (LOD) 活用ワークショップ」に弊社CTO田口が登壇します。

IoTの現状と今後: 工場のスマート化とオープンデータ

 I4.0(Industry4.0)やIIC(Industrial Internet Consortium)の影響で多種多様なIoTソリューションが市場に投入され、どのようなIoT環境を構築すれば良いか、判断が難しくなってきています。その判断を誤った結果、活用しにくいIoT環境を構築する事例も見受けられます。本セッションでは「IoTの現状と今後: 工場のスマート化とオープンデータ」と題し、理化学研究所の工場にどのようにIoTを導入していっているか、成果の共有・オープン化の意義についてご説明いたします。

登壇者紹介

CCT設立時より参画し大手製造業様向け受託開発の提案から製造・導入、マネジメントまでを担当。新しい製造方法を獲得するための製造設備全体をシミュレーションする独自のシミュレーションソフトウエアを開発。最近では、組込み系Android開発、ドライバ開発など組込み系ソフトウエア開発も手がけている。
理化学研究所 光電子デバイス工学研究チーム 客員研究員。弊社取締役CTO。

第2回 Linked Open Data (LOD) 活用ワークショップ in 神戸「医療・健康・工学オープンデータサイエンスの実践」に関する詳細は理化学研究所のホームページをご覧ください。