orizuru

つながる.見える.わかる IoTソリュ-ション

IoT/AIイベントを実施しました:【寿司懇親会付き】データ活用とIoT・AI技術 #4

IoT/AIイベントを実施しました:【寿司懇親会付き】データ活用とIoT・AI技術 #4
こんにちは、アートディレクターのhayatoです。
猛暑だった夏は半袖で過ごす日々が続きましたが、ようやく上着を羽織る時期に変わり、過ごしやすい日々が続いています。前回は台風の影響もありましたが、今回は天候も良く、気持ちの良い季節での開催となりました。

開催概要

開催日時 2018年10月19日(金)19:00~21:00
開催場所 株式会社コアコンセプト・テクノロジー カフェスペース
概要 弊社ではIoTやAIソリューションの提供や各種コンサルティング、IT開発の受託案件などを行っております。 最近では、6月の展示会で新製品「Orizuru IoT」「Orizuru 3D」を発表させていただきました。これらIoTやAI関連の開発を進めている技術者やメンバーにその技術話や開発体験談、顧客の抱える課題など、 お酒を交えながらの少し濃い目の内容のLTを行います。
対象
  • IoTやAIエンジニアに興味がある方
  • IoTやAIなどの居心地の良いコミュニティを探している方
  • IoTやAIに関わっていて、実用的な情報を欲している方
  • IoTやAIソリューション開発に興味がある方

発表内容

ここをタップして表示Close
担当者 発表タイトル 発表概要
CTO テクノロジの隆盛 【ハイプ・サイクル】日本のテクノロジのハイプ・サイクルからIoTやAIはどうなるのか、ピーク期や幻滅期に差し掛かっているのか、この辺りを中心に話を展開していきます。
センシング サイエンティスト おもちゃのロボットアームの制御精度をちょっとだけ上げてみました(ちょっとだけよ♡) 【センサデータの活用】私は、密かに、 「おもちゃを、見た目はそのままで、産業用機械に匹敵する価値を生み出したい!」 という野望をもっております。 その第一歩として、今回は、 センサの計測結果を反映しロボットアームの制御精度を少しだけ上げてみました、という話をします。
フロントエンドエンジニア 付加価値を生み出すデータの可視化 【データの可視化】データは手元にあるものの、これらを「見える化」することによって、一体どれほどの付加価値を生み出すのか。製造業を題材にデータ活用の事例について紹介します。
AIエンジニア AWSで実践する機械学習 【機械学習のクラウド化】機械学習に様々なデータを用いる際、クラウド環境とローカル環境を比較します。そのメリットやデメリットは何があるのか、実際にAWSの機械学習用サービス「Amazon SageMaker」を用いた実践記を発表します。
AIエンジニア データを活用して何を実現してきたか? 【機械学習:データ活用】これまで行ってきた機械学習関連の業務で、どんなデータを用いて何を実現してきたかを具体例を混じえてお話しします。

LT会の様子

IoT/AIイベントを実施しました:【寿司懇親会付き】データ活用とIoT・AI技術 #4
今回で4回目となりましたが、毎回恒例の乾杯を経てLT会スタート。

テクノロジの隆盛

IoT/AIイベントを実施しました:【寿司懇親会付き】データ活用とIoT・AI技術 #4
今回はCTOの田口から発表させていただきました。

IoT/AIイベントを実施しました:【寿司懇親会付き】データ活用とIoT・AI技術 #4
このグラフをご存知でしょうか。

IoT/AIイベントを実施しました:【寿司懇親会付き】データ活用とIoT・AI技術 #4
2018年のテクノロジのハイプ・サイクルです。
「モノのインターネット(IoT)」や「人工知能(AI)」は幻滅期にに入ってます。
しかし「IoTプラットフォーム」はピーク期、「IoTセキュリティ」や「AIOpsプラットフォーム」は黎明期にありまだまだ盛り上がりを見せることが予想されます。

IoT/AIイベントを実施しました:【寿司懇親会付き】データ活用とIoT・AI技術 #4
とはいえ、テクノロジは手段です。
「IoTやAIで何かしたい」ではなく、「解決したい課題が何か」が重要ということです。

おもちゃのロボットアームの制御精度をちょっとだけ上げてみました(ちょっとだけよ♡)

IoT/AIイベントを実施しました:【寿司懇親会付き】データ活用とIoT・AI技術 #4
続いて、センシングサイエンティストの坂本。
まずは、ピッキングの工程と課題を明示。
アームがピックアップする対象物が事前に設定した位置と異なるとピックアップできない課題があります。

IoT/AIイベントを実施しました:【寿司懇親会付き】データ活用とIoT・AI技術 #4
今回の改善に使用するデモ機器の構成を紹介。
アームがピックアップする位置を事前に設定しなくてもできるのか!?

IoT/AIイベントを実施しました:【寿司懇親会付き】データ活用とIoT・AI技術 #4
丸いピエゾ素子(圧電体に加えられた力を電圧に変換するもの)が3箇所にあります。
どれを押すかは事前にロボットにはわかりません。

IoT/AIイベントを実施しました:【寿司懇親会付き】データ活用とIoT・AI技術 #4
左上のピエゾ素子を押すと…

IoT/AIイベントを実施しました:【寿司懇親会付き】データ活用とIoT・AI技術 #4
ロボットアームが押した箇所に移動しました!

IoT/AIイベントを実施しました:【寿司懇親会付き】データ活用とIoT・AI技術 #4
事前位置情報なしで対象物の位置にアームを移動するシステムを構築できました^^

付加価値を生み出すデータの可視化

IoT/AIイベントを実施しました:【寿司懇親会付き】データ活用とIoT・AI技術 #4
フロントエンドエンジニアの鈴木はLT会初登場。

IoT/AIイベントを実施しました:【寿司懇親会付き】データ活用とIoT・AI技術 #4
「見える化とは」を独自の視点で説明。

データ活用は「データ収集」、「データ蓄積」、「見える化」、「データ解析」の4つに分類できると私は考えております。特に「見える化」は最終的に人間の目で確認・判断するという点でその他3つの分野の中心的な位置を占めます。世の中のデータ活用を利用したサービスはこれら4つの分野の重なり合いによって表現できるでしょう。

IoT/AIイベントを実施しました:【寿司懇親会付き】データ活用とIoT・AI技術 #4
実際に本人が開発しているシステムを説明。
どのようにデータを可視化しているかを紹介しました。

AWSで実践する機械学習

IoT/AIイベントを実施しました:【寿司懇親会付き】データ活用とIoT・AI技術 #4
AIエンジニアの馬場。
最近はブログなどの記事を執筆し、AIの活用方法などを紹介しています。

IoT/AIイベントを実施しました:【寿司懇親会付き】データ活用とIoT・AI技術 #4
Amazon SageMakerを使って機械学習をする構成をご紹介。

IoT/AIイベントを実施しました:【寿司懇親会付き】データ活用とIoT・AI技術 #4
実際に使って画像認識のシステムを構築。
手書きの数字をシステムにアップロードすると、結果として「8」という数字が返ってきました!

データを活用して何を実現してきたか?

IoT/AIイベントを実施しました:【寿司懇親会付き】データ活用とIoT・AI技術 #4
最後はAIエンジニアの熊田。
熊田は機械学習に精通しており、ブログも多数執筆中です。

IoT/AIイベントを実施しました:【寿司懇親会付き】データ活用とIoT・AI技術 #4
こちらは動画を解析して歩行者をリアルタイムで認識するシステムを開発。
現在の自動車などで活用されている技術です。

IoT/AIイベントを実施しました:【寿司懇親会付き】データ活用とIoT・AI技術 #4
こちらは3Dモデルを学習させ、似たような3Dモデルを検索するシステムを開発。

IoT/AIイベントを実施しました:【寿司懇親会付き】データ活用とIoT・AI技術 #4
例えば、鳥の3Dモデルをアップロードすると…

IoT/AIイベントを実施しました:【寿司懇親会付き】データ活用とIoT・AI技術 #4
似たような鳥の3Dモデルが表示されます。
これを活用して、3Dモデルを制作する際に以前制作したモデルなど検索して活用することで、効率的に3Dモデルを制作できます。

懇親会では恒例のお寿司登場

IoT/AIイベントを実施しました:【寿司懇親会付き】データ活用とIoT・AI技術 #4
懇親会では多くのお客様と交流することができました。
センサの話を聞きに来られた方やIoTやAIを勉強しに来こられた方、業務のヒントを得るために来られた方など様々な目的でこられた方が多かったです。

最後に

IoT/AIイベントを実施しました:【寿司懇親会付き】データ活用とIoT・AI技術 #4
今回もほぼ満席の状態で開催させていただくことができました。
ご参加いただいたお客様からは「ぜひ次も参加したい」というアンケート結果を多くいただいております。

次回は来月を予定しておりますので、お客様のご期待に応えられるように次回もしっかりと企画していきたいと思います。
また、一緒にイベントを開催してくださる企業さまも募集します。
ぜひ、ご興味があるかたはこちらからご連絡お願いいたします。

それでは、次回もお楽しみに。
hayato