orizuru

つながる.見える.わかる IoTソリュ-ション

高校生向け進路講演を実施しました

高校生向け進路講演を実施しました

高校生向け進路講演を実施しました

こんにちは!
採用担当の池田です。

この度、都内女子高校の高校1年生向けに進路講演を実施しました。
※事情により高校名は伏せさせて頂きます

概要 高校1年生向けの進路講演(企業人枠)
テーマ 【大人が決して言わない、高校生のうちに知っておきたいこと】

  • 出来る限り、レベルの高い学校を目指してほしい
  • 就職活動において重要なキーワードである「100倍」と「テニスボール」とは?
  • 就職活動で多くの方は学力テストで足切りに会う
  • 東大法学部でも200社全滅!その理由とは?
  • 私自身の暗黒時代
日時 2019年6月7日(金)1部:10時20分~/2部:12時10分~
場所 都内女子高校
対象 高校1年生200名

高校生の時って、とりあえず目先の勉強ばかりやらされている感じがありますが、その先にあることについて知る機会ってあまりないですよね。

勉強はあくまで手段。

少なくとも、学校で習うお勉強は手段であって目的ではないですよね。

そのため個人的には、学校のお勉強が多くの人にとって必ず必要かと言われるとそうは思いません。

例えば部活動に熱心に取り組んでいる方がいれば、中途半端に勉強するぐらいなら部活に100%没頭する方が長い人生の中では大切なことだと考えています。

ただ中々こういうことを学校の現場では言いづらいと思いますので、私自身の経験や就職活動を元に、それらを伝えさせて頂きました。
今回の講演を聞いてくれた高校生に、少しでもポジティブな影響があることを陰ながら期待しております。

ただ女子高で講演するのは2度目なのですが、毎回体育館の前に立つとクスクスと笑い声が起こるんですよね(笑)親しみを持たれているとポジティブに捉えて精進していきます(笑)